2018.08.23 Thursday

iPad Proに絶対入れるべきアプリ「GoodNotes 4」

0

    ipad マルチタスク機能

     

    まだまだ残暑ですね。
    暑すぎます・・・。

    さて今回は「iPad Proのマルチタスク機能はホントに便利です」で取り上げましたGoodNotes 4 というアプリについてご紹介したいと思います。

     

    iPad ProとApple Pencilを購入したらノートの役割として使いたいという方多いと思います。
    私も用途の一つとして考えていました。
    また、PDFなどの電子データに書き込みをしたいとも思っていました。

     

    そこで色々なアプリを探していたのですが、とてもいいアプリを見つけましたので今回はそのアプリをご紹介したいと思います。

    それがGoodNotes 4というアプリになります。


    今から細かい使い方をご説明しますが、結論から言いますと使ってすでに約5ヶ月、とっても快適に使えています

     

    今回は以下についてご紹介したいと思います。

    ・ノートとしての使い方
    ・PDFへの書き込み

     

    ●ノートとしての使い方
    まずはどういうノートがあるのかですが、下の画像のようにかなりのノートが用意されています。

     

    初めはそんなに種類いらないかなと思ったのですが、純粋に字をたくさん描くときは罫線あり、絵も豊富に使いそうな時は無地のものなど、結構用途によって使い分けること多いので、色々な種類があるのはとても助かります。

     

    使い始める時はこちらのように+を押すとノートの種類、表紙を選んでスタートします。

    それとは別にカテゴリも作れてノートを保存できるので、これも結構便利です。

    ipadpro GoodNotes

     

    また、こちらが表紙を選んでいるところです。

    ipadpro GoodNotes 使い方

     

    ご覧のように表紙も色々選べますが、正直言って個人的には表紙にこだわりがないため、1種類でも十分ですね・・・。
    もっとおしゃれな方でしたらこだわりあるのかもしれませんが。

     

    さて、ノートの書き心地ですが(Apple Pencilで)、かなり快適に書けます。
    小さい字を書きたい時はノート自体をズームすればいいので、どんなに細かい字も書けますね。

     

    個人的に一番驚いたことは、手書きの字がテキスト変換できることです。

    このようにまず何か文章を書いて、

    ipadpro GoodNotes 使い方

     

    選択ツールでテキスト変換したい範囲を囲んで囲んだ中をクリックするとご覧のようなメニューが出ます。

    (写真だとメニューが小さくなっちゃいました)

    ipadpro GoodNotes 使い方


    ここでメニューから変換を押すと、選択した範囲の文章がこのようにテキスト変換されます!

    ipadpro GoodNotes 使い方


    もちろんこれをメモアプリやメールなどに送ることもできますので、ノートのように手書きで書いた後に電子データにしたい時にはとっても便利です。

    私字は綺麗な方ではないのですが、テキスト認識レベルもかなり高い方だと思います。

     

    他には色も色々選べますし、ペンもボールペンや万年筆から選べますし、ペンの太さも選べます。

    ipadpro GoodNotes 使い方

     

    これだけあれば十分かなって思えるほど揃ってますね。


    ●PDFへの書き込み
    iPad Proのマルチタスク機能はホントに便利です」でも一度ご紹介しましたが、PDFへの書き込みも出来ちゃいます。
    別アプリで開いたPDFをこのアプリに送るだけでPDFでの編集が出来ちゃいます。

    こんな感じで

    ipadpro GoodNotes 使い方


    普通に参考書に書き込んでるイメージで使えちゃいます。

    ipadpro GoodNotes 使い方


    さらにすごいのは自分で書いた文字を検索することもできます
    ですので上の画像みたいに「重要」とか書いておいて、あとで「重要」で検索をかければ、自分が重要って書いたところの一覧が表示出来ちゃいます。
    しおり機能よりも使ってますね。


    ノートでもPDFでも、PDFやイメージ(写真)などで書き出すことも出来ますし、ホントに至れり尽くせりのアプリです。

    私が購入した時は960円でしたが、ここまで素晴らしいアプリなら納得です!

    前回紹介したようにマルチタスク機能を使えば勉強もかなりはかどりますね。

    ※マルチタスク機能は同じアプリを2 つひらけないので、同時で使いたい時は例えばPDFは別のアプリにする必要があります。

     

    こちら前回ご紹介したマルチタスクの画像です。

    ipad マルチタスク機能
     

    他にもノートとして使えるアプリは多数ありますが、このアプリ以外使っていないので今回はこちらをご紹介させていただきました。

    他のアプリには別に優れた機能が付いたいるものもあると思いますが、今現在このアプリだけで十分満足しています。

     

    これでノートをいろいろ用意する必要もないですし、ホントに便利な世の中になっていきますね。

    あとは勉強した成果を出すだけなんですが・・・まぁ気長に頑張ります。

     

    今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

    みなさまのお役に立てればなによりです。

     

    さ、そろそろ涼しい日々になってください・・・。

     

    2018.08.20 Monday

    iPad Proのマルチタスク機能はホントに便利です

    0

      森友哉 ライオンズ ibispaintx

       

      今回はiPadのios11から実装されたマルチタスク機能についてご紹介したいと思います。

      これは簡単に言いますと、iPadのディスプレイにに2つのアプリを同時に表示できるものです。

      ※マルチタスク機能はiPadでもあると思うのですが、私が持っているのがiPad ProですのでiPad Proを使っている前提で書かせていただきました。


      まず画面を見た方が早いですよね。

      こんな感じです。

      ipad マルチタスク機能

      こちらは写真とibis Paint Xというアプリを一緒に表示しております。

      どういった場面で使うとこの機能のすばらしさを感じるか、今回は2つ例を挙げてみます。


      ●絵を描くとき
      例えば写真に撮ったものを模写するときですが、一方で写真アプリを、もう一方でibis Paint Xなどのお絵かきアプリを立ち上げます。
      ※ibis Paint Xについては別の回に詳しく書きますね。
      するとこのように写真を見ながら模写を行うことができます。

      ipad マルチタスク機能

       

      普通に手元に写真を置いて書くこととの違いは
      ・iPadだけがあればいい(結局これに尽きますが・・・)
      ・気になったところをアップにできる

      ※iPad proならApplePencilは絶対必要!!


      またマルチタスクになったことにより、アプリを切り替えなくていいということがホントにストレスなくなります

       

      ●参考書を見ながらノートをとる
      この場合SideBooksなどのPDFビューワーアプリと、GoodNotes 4などのアプリをマルチタスクとして立ち上げます。
      ※両方のアプリについても別の回に詳しく書きたいと思います。ちなみにGoodNotes 4、ほんとに素晴らしいアプリです。

       

      この場合参考書を見ながらノートをとるということがデバイス1つで出来ちゃいます。
      こんな感じです。

      ipad マルチタスク機能


      もちろんアプリに機能が付いていれば、参考書に直接書き込むようなこともできちゃいます。

      上の写真で言えば、右のノートに書き込みながら、必要な時は左側の参考書にも書き込んで、って感じですね。

       

      最近勉強しなくてはいけないことが出てきてしまい書籍を購入していたのですが、あまりの重さにスキャナーで読み込みPDF化してiPadに入れました。

      なんでもっとはやくやらなかったんだろうって思うくらい快適になりました。
      普通に参考書を見ながらノートをとっているのと何ら変わりなく、しかも1つのデバイスで完結してしまうってホントにすごいですね。

       

      上の写真の通り現在IT系の勉強をしています。

      もし同じジャンルの勉強をしている方がいらっしゃいましたら共感していただけると思いますが、IT系の参考書って重すぎますよね・・・。

       

      さて実際のマルチタスクのやり方ですが、とても簡単です。
      今回は先ほどご覧いただいた写真とibis Paint Xを使うことを想定してご説明いたします。

      まずどちらか一方のアプリを立ち上げます。
      そして画面の下の方からスワイプすると以下のようにいくつかのアプリが表示されます。

      こちらはまずibis Paint Xを立ち上げて、スワイプで色々なアプリを表示しています。

      ipad マルチタスク機能

       

      ここでもう一つ表示したいアプリを画面上に持っていきます。

      ここでは写真アプリ(一番右のアイコン)を画面上へもっていきます。

      ipad マルチタスク機能

       

      するとこのように開いているアプリの上に表示されます。

      ipad マルチタスク機能

       

      画面横までアプリを持っていくとこんな感じで画面上にきれいに分割されて表示されます。

      ※ここでは左右入れ替えて、途中まで絵を描いているところです。

      ipad マルチタスク機能


      上の画像の赤枠でくくったところですが、左右に動かすことで画面の分割比率もある程度変更できます。

      下の図は写真アプリを小さくしてibis Paint X側を大きくしたところです。

      ipad マルチタスク機能

       

      この機能があると、
      「写真側を大きく見たい」「もう少し大きくして絵を描きたい」「参考書のどちらか一歩意を大きく見たい」などの時にホントに便利です。

       

      他にもドラッグ&ドロップでアプリ間の情報を受け渡したりなど、ここでは紹介していない機能もたくさんあるようです。


      重ね重ねになりますが、アプリを切り替えずにこういったことができるというのが、想像以上に快適です。

       

      (2018/8/23 更新)

      ちなみにサンプルでご紹介した裏通りの画像をなぞっている動画を先日YouTubeにアップしました。

      どうってことない動画ですが、まっすぐ線ひく練習とかにはとてもいいです。

      (この記事で描いた画像です)

       

       

      最後になりますが、先日動画のキャプチャーを撮ってライオンズの森友哉選手を描いてみました。

      こちらが画面分割しながら書いている途中の写真です。

      ipad マルチタスク機能 森友哉

       

      やっぱり人を描くって難しいけどとても勉強になります。
      特に中心の位置や重心を考えて描かないととてもバランスの悪い絵になりますからね。

      この絵を描いたということは、もちろんライオンズの大ファインです。

      今シーズンは好調ですね!!

      トップにある画像が完成図ですが、やっぱり難しいです・・・。


      と、最後に関係ない話になりましたが、これからもライオンズの選手いろいろ描きたいと思います。

      絵の勉強と、ライオンズ日本一の期待を込めて!

      では、最後までご覧いただきありがとうございました。

       

      2018.08.14 Tuesday

      iPad Proはどのスペックを買うべきか

      0

         

        前回からだいぶ時間が経ってしまいました・・・。
        さて今回はiPad Proについての記事を書きたいと思います。

         

        Intuos ComicとClip Studio Paintを使い始める 」で絵を描きはじめたこと、そしてIntuos Comic を買ってこれから絵を頑張っていこう!と言っていたにもかかわらずはやくも挫折しとしまいました・・・。


        やっぱり絵を描くところと表示される場所が違うって、絵の初心者には相当にハードル高いんですよね。

        では液タブを買おうかと思ったのですがやっぱり結構高いので、であれば液タブとしても使えてしかも金額もさほど変わらない
        iPad Proを買おうと思ったわけです。

         

        私が買ったのは「iPad Pro 10.5インチ 64GB」です。

         

        iPad Pro について語るといっても広すぎるので、今回はなぜこのスペックを買ったかについてお伝えできればと思います。

        もし同じような境遇、またiPad Proを買いたいけどどれを買えばいいか悩んでいる方がいらっしゃいましたらご参考になればです。

         

        まず絶対にはっきりさせることは
        iPad Proをどう言った用途で使うか
        と言うことです。

        これがぶれてしまうといつまでもスペックか決められないか、必要以上に高スペックのものを目指してしまいます。

         

        私の場合は以下の用途に絞り込みました。
        ・絵を描く
         ・電子書籍を読む
         ・ 参考書などを PDF 化し.さらに紙のように書きこむ、
         ・ ノートがわりに使う

         

        ここで迷うのは「ネットにつなげたい」という欲求ですが、ネットにつなぐのは不要と結論付けました。
        (厳密には外でネットをつなげる必要がない)

         

        まず、家に帰ればwifiがある方、スマホがiphoneの方であればネット接続なくても十分です。
        よくよく考えてみると、ネットを使いたくてなおかつ ipad じゃないとダメなケースってほとんどないんですよね。


        なにかをダウンロードしたい、アップロードしたい時は iphone と Bluetooth につないで iphone 経由でやれば全く問題ないです。
        デザリングという手もありますが(今は有料かな)、デザリングじゃないとダメって状況には出くわしたことないです。

         

        私はソフトバンクのウルトラギガモンスターにはいっているので外で iPhone を使ったネット通信もストレスなくできますが、
        そうでない人も ipad でネットにつなげたくて、なおかつ家まで待てないってケースまれな気がします。
        ネットにつながった方が便利なことはたくさんあると思いますが、迷われている方はまず「自分が想定している用途でネット環境は必須か?」「スマホのネットで十分ではないか」ということも検討材料もの1つとしてみてはいかがでしょうか。

        Cellular契約で毎月費用がかかるって結構ストレスですからね.・・。

        ポケットwifiも然り。

         

        また64GBという容量ですが、写真やPDF、動画など容量が大きくなりそうなものは Google ドライブなどのクラウドにあげちゃいますし(家で)、いろいろなデータってなんとなく全部デバイスにいれておかないと不安になりそうですが、入れているだけで全然使ってないデータって結構多いんですよね。


        もし外出先でどうしてもクラウドにあげたものをiPadで見たくなったら、やはりスマホでダウンロードしてBluetoothでiPadにいれちゃいます。

        iPad Pro 買って8カ月になりますが、今のところこの使い方で困ったことないです。

         

        あと一番迷うのがディスプレイを10.5インチにするか12.9インチにするか。
        もうこれは実際に店頭で見てみるのが一番ですね。
        絵を描くには大きい方が便利だと思いますが、持ち歩くことを考えると結構重さを感じると思います。

        重いとどんどん持ち歩くのやめちゃって、家でも使わなくなって・・・って結構多いパターンですよね。

         

        だらだら書いてしまったので最後にまとめます。
        用途が
        ・絵を描く
         ・電子書籍を読む
         ・参考書などを PDF化し、さらに紙のように書きこむ。
         ・ ノートがわりに使う

        くらいで、
        しかもウルトラギガモンスターなどのパックに入っていれば
        iPad Pro 10.5インチ 64GB
        で全く問題ありません。

        ※Apple pencilは必須です!

         

        実際に今は上で挙げた4つの用途としてフルに使っていますが、各々素晴らしいアプリがそろっていますね。
        もう感動してしまいます。


        どんなアプリを使っているかはまた別の記事でご紹介したいと思います。

         

        最後に、冒頭にも載せましたが最近iPad Proで描いた絵をyoutubeに挙げ始めたので1つご紹介いたします。


        (描いた工程を動画として挙げています)

         

        まだまだまだまだヘタクソですが、とにかく楽しんで続けることを第1にしていきたいと思います。

        では、最後までご覧いただきありがとうございました。

         

        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM