<< 【Photoshop Elements】フィルターギャラリーや写真合成を使用して加工する | main | 【photoshop Elements】いろいろな写真をミニチュアで表現する >>
2017.06.19 Monday

【Photoshop Elements】レイヤーマスクを理解する

0

    photoshop Elementsのレトロ画像

     

    今回は「レイヤーマスク」について自分なりに説明したいと思います。

    実は前回の「フィルターギャラリーや写真合成を使用して加工する」の時にマスクについてさらっと流してしまった気がしたので、もう少し詳しく説明しようかなと思います。

     

    もちろん使用しているのは「PhotoshopElements13」です。

     

    まずはいきなりレイヤーマスクの設定の仕方から。
    このように2枚の画像を用意します。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク設定のサンプル

     

    photoshop Elementsのレイヤーマスク設定のサンプル

     

    こちらの2枚の画像をphotoshopに読み込みます。

    1枚目の画像は単純に[ファイル] - [開く]で指定して開きます。

    2枚目の画像は[ファイル] - [配置]で指定して読み込みます。

     

    するとこのようになるはずです。

    (象の画像は大きさを変更しています)

    photoshop Elementsのレイヤーマスク設定

     

    レイヤーパネルの画像の順番はこのようになっていると思います。

    photoshop Elements 画像の順番

     

    ここでは象部分だけがほしいので、選択ツールで像の部分を選択します。

    (選択方法は「フィルターギャラリーや写真合成を使用して加工する」を参考にしてください)

     

    ここからレイヤーパネルの「マスクを追加」ボタンを押します。

    下の画像の赤枠のカメラのようなアイコンです。

    photoshop Elementsのレイヤーマスクの設定詳細

     

    すると象の部分のみ白くなった(他の部分は真っ黒)の画像が登場します。

    これが「レイヤーマスク」です。

    このレイヤーマスクを設定すると、左の画像を元にして白の部分は表示する部分、黒の部分は非表示の部分という扱いになります。

    よって、現段階では2枚の画像を合わせるとこのように表示されています。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク

     

    2枚目の象の画像の背景部分(レイヤーマスクの黒の部分)は見えなくなっていますね。

    見えなくなったので1枚目の画像が見えるようになりました。

     

    さてここからですが、「フィルターギャラリーや写真合成を使用して加工する」をご覧になった方はご存知かと思いますが、象の足の部分はスマホの奥にあるようにしたいので、象の下半身部分も不要な部分となります。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク

     

    この部分もレイヤーマスクを操作して消してしまいます。

    まずはレイヤーマスク部分が選択されていることを確認します。

    (これ結構忘れるんですよね・・・)

    photoshop Elementsのレイヤーマスクの選択

     

    そして鉛筆ツールを選択して描画色を黒に設定します。

    photoshop Elementsの鉛筆ツール

     

    あとは消したい部分をマウスでなぞるだけです。

    するとこのように下半身部分も見えなくなります。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク適用

     

    理屈はかんたんですよね。

    白い部分は見える、黒い部分は見えない、なので見えない部分を増やしたかったらレイヤーマスクに黒の部分を追加すればいいというわけです。

     

    黒であれば消えるのですから、鉛筆ツールにこだわる必要はありません。

    背景画像を草原に変えて、象の足元を草の中に隠れているように見せるとします。

    その場合はブラシツールで足元に黒を追加すれば、追加した形で見えなくなります。

    下の画像のように、草のブラシを用意して描画色を黒にします。

    (ブラシの追加の仕方も「フィルターギャラリーや写真合成を使用して加工する」で紹介しております)

    ブラシを使ったレイヤーマスク

     

    そして足元に草の形で黒を追加しました。

    (レイヤーパネルでレイヤーマスクを選択することを忘れないでくださいね)

    するとこんな感じになります。

    ブラシを使ったレイヤーマスク

     

    完全に黒で塗りつぶすよりも草の中に溶け込んでいる感じに見えますよね。

     

    もう一度簡単な例で設定してみます。

    まずこのような2枚の画像を用意します。

    (2枚目は「配置」で読み込んでください)

    photoshop Elementsのレイヤーマスクサンプル

     

    photoshop Elementsのレイヤーマスクサンプル

     

    レイヤーの配置の順番はこのようにします。

    photoshop Elementsのレイヤーマスクの順番

     

    ビルの部分を選択ツールで選択します。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク設定

     

    そしてレイヤーパネルの「マスクの追加」ボタンを押すと、ビル部分が白抜きされたレイヤーマスクができます。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク設定

     

    すると2枚合わさった画像がこのようになります。

    photoshop Elementsのレイヤーマスク

     

    普通の青空を背景にしたビル画像から、なにか鬼気迫る感じの画像に変わりましたよね。

    (背景の画像がもっとクオリティ高ければそう見えるはずです・・・)

     

    もう一つ例をご紹介いたします。今度は少し変わった感じで。

    黒い部分が見えない、白い部分が見えるのであれば、だんだんと黒から白に変わっていく場合はだんだんと見えるようになるということです。

    そのようなレイヤーマスクを作りたいと思います。

     

    まずはこのような2枚の画像を用意します。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    1枚目の画像は「古びた写真・レトロな写真に加工する」で加工をご紹介したものです(2枚目はその原型)。

    今度はこのようにレイヤーを配置して、また「マスクを追加」ボタンを押します。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    ただこの時今までと違うのは、「Alt」ボタンを押しながら「マスクと追加」ボタンを押してください。

    すると全体が黒になったレイヤーマスクが登場します。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    2枚画像を配置して上のレイヤーの画像に全面黒になったレイヤーマスクを適用した、ということは、下の画像しか見えなくなったということです。

    このような状態です。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    下のレイヤーの画像しか見えませんね。

    今度はレイヤーマスクに白を足していって、見える部分を増やしていきます。

    この時に徐々に黒から白絵と変わっていくようにレイヤーマスクを設定します。

    使用するのはグラデーションツールです。

    レイヤーマスクを選択している状態でツールボックスのグラデーションツールを選択し、オプションの編集ボタンを押します。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    するとグラデーションを細かく設定できますので、いろいろ設定をいじってみてください。

    今回はこんな感じにしました。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    OKボタンを押すとグラデーションをどのように設定するかの画面になりますので、左クリックしながら下の赤矢印の方向にドラッグします。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    するとレイヤーマスクにこのようにマスクが設定されます。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    そして完成した画像がこちらです。

    photoshop Elementsのグラデーションツール

     

    今の時代の風景から奥に行くほど昔風になっていく、って感じに見えませんか?

     

    photoshopって色々機能があってまず基本的な機能覚えるだけでも大変ですけど、この「マスク」っていうのが出てくるとなんか急に敷居が高くなる気がします。

     

    レイヤーマスクというのを使うと元の画像とは違う箇所で画像の見え隠れを操作できて、黒は見えなくなって白の部分は見えて・・・というのがどうしてもすんなり頭に入ってくれなくて、何度も挫折しました。
    (克服できたわけでもないですが・・・)。

     

    ということもあり今回は自分の復習という意味も込めてレイヤーマスクを取り上げてみました。
    少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

    相変わらずの乱文にもかかわらず最後までご覧いただきありがとうございました。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM