<< COEDOビール「伽羅」を飲んだことがない人は絶対飲んでください! | main | Premium YEBISU MEISTER(エビスマイスター)のこだわりを堪能 >>
2017.09.18 Monday

「カレーの壺」さえあれば本格的なカレー調味ができます

0

    カレーの壺

     

    みなさまこんにちは。
    なんとなく暑いような、ムシムシするのよな、そして最近涼しくなり・・・よくわからない気候が続きますがどんな時でも食欲わくのはカレー味ですよね。
    今回は「カレーの壺」という商品を使って簡単においしいタンドリーチキンを作りましたのでご紹介します。
     
    まずはこのカレーの壺のラベル、このエキゾチックさがインパクト強いですね。

    カレーの壺

     

    そしてこのラベルに書かれている女性のイラスト、魅力的というかなんというか・・・とにかく惹きつけますねぇ。
    カレーの壺

     

    このカレーの壺は何種類ものスパイスやハーブを使ったペースト状のスパイス調味料です。
    カレーってそれになりに本格的に作るときいろいろなスパイスを揃えたりしたいですが、結構大変ですよね。
    そもそもどういったスパイスを揃えばいいかなども結構調べなきゃわからないですし。
    こちらのカレーの壺はそういったスパイス、ハーブがぎっしり詰まっていますので、これのみでとても深みのあるカレーが作れます。
     
    また、化学調味料や保存料等の添加物を一切使っていないそうで、健康にもよさそうですね!
    このあたりの詳しい説明は公式ページにも載っていますので、さらに詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
     


    さて、今回作ったタンドリーチキンもこちらの公式ページに載っていたレシピを元に作ってみました。
     
    作り方はとても簡単!
    1.カレーの壺ペースト、醤油、プレーンヨーグルトを鶏肉にまぶして漬け込む。
    2.焼く
    以上!
     
    なんて簡単なんでしょう。
    実際の手順をもう少し詳しく。
     
    まずは漬け込みたれを作ります。

    カレーの壺

     

    ビニール袋に鶏肉とたれを入れてよくもみ込みますが、上の写真のようにたれは先に混ぜておいた方がもみ込みやすいです。
    そして鶏肉も含めたたれををすべて入れてもみ込みます。

    タンドリーチキン

     

    私はここで30分くらいおきました。
    あとは良く温めたフライパンに油をひいて焼くだけです。

    タンドリーチキン

     

    公式ページでは鶏肉500g分の分量で書かれていましたが、さすがに500gは多すぎたため300gのお肉で作りました。
    たれの分量もすべて大さじ2となっていましたが、実際にはおおさじ1.5にしました。
     
    カレーの深みわかっているわけではありませんが、こんなに簡単にこんなにおいしいタンドリーチキンができるんだなぁと、カレーの壺に感謝しました。
     
    ヨーグルトを入れたからでしょうか。
    お肉がとても柔らかく仕上がりました。
     
    こちらのタンドリーチキンは翌日のお弁当にも。
    カレーの壺 弁当

     

    もう一枚。

    カレーの壺 弁当

     

    どうも最近お弁当が茶系だなぁ。
     
    もちろん普通のカレーもこちらのカレーの壺でおいしく作れます。
    今度作ったらとそちらもご紹介しますね!

     

    ちなみに今回の写真はすべてiphone7になります。
     
    スパイシーなカレー味で残夏も乗り切りましょう!

     

    JUGEMテーマ:カレー料理

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM