<< iPad Proはどのスペックを買うべきか | main | iPad Proに絶対入れるべきアプリ「GoodNotes 4」 >>
2018.08.20 Monday

iPad Proのマルチタスク機能はホントに便利です

0

    森友哉 ライオンズ ibispaintx

     

    今回はiPadのios11から実装されたマルチタスク機能についてご紹介したいと思います。

    これは簡単に言いますと、iPadのディスプレイにに2つのアプリを同時に表示できるものです。

    ※マルチタスク機能はiPadでもあると思うのですが、私が持っているのがiPad ProですのでiPad Proを使っている前提で書かせていただきました。


    まず画面を見た方が早いですよね。

    こんな感じです。

    ipad マルチタスク機能

    こちらは写真とibis Paint Xというアプリを一緒に表示しております。

    どういった場面で使うとこの機能のすばらしさを感じるか、今回は2つ例を挙げてみます。


    ●絵を描くとき
    例えば写真に撮ったものを模写するときですが、一方で写真アプリを、もう一方でibis Paint Xなどのお絵かきアプリを立ち上げます。
    ※ibis Paint Xについては別の回に詳しく書きますね。
    するとこのように写真を見ながら模写を行うことができます。

    ipad マルチタスク機能

     

    普通に手元に写真を置いて書くこととの違いは
    ・iPadだけがあればいい(結局これに尽きますが・・・)
    ・気になったところをアップにできる

    ※iPad proならApplePencilは絶対必要!!


    またマルチタスクになったことにより、アプリを切り替えなくていいということがホントにストレスなくなります

     

    ●参考書を見ながらノートをとる
    この場合SideBooksなどのPDFビューワーアプリと、GoodNotes 4などのアプリをマルチタスクとして立ち上げます。
    ※両方のアプリについても別の回に詳しく書きたいと思います。ちなみにGoodNotes 4、ほんとに素晴らしいアプリです。

     

    この場合参考書を見ながらノートをとるということがデバイス1つで出来ちゃいます。
    こんな感じです。

    ipad マルチタスク機能


    もちろんアプリに機能が付いていれば、参考書に直接書き込むようなこともできちゃいます。

    上の写真で言えば、右のノートに書き込みながら、必要な時は左側の参考書にも書き込んで、って感じですね。

     

    最近勉強しなくてはいけないことが出てきてしまい書籍を購入していたのですが、あまりの重さにスキャナーで読み込みPDF化してiPadに入れました。

    なんでもっとはやくやらなかったんだろうって思うくらい快適になりました。
    普通に参考書を見ながらノートをとっているのと何ら変わりなく、しかも1つのデバイスで完結してしまうってホントにすごいですね。

     

    上の写真の通り現在IT系の勉強をしています。

    もし同じジャンルの勉強をしている方がいらっしゃいましたら共感していただけると思いますが、IT系の参考書って重すぎますよね・・・。

     

    さて実際のマルチタスクのやり方ですが、とても簡単です。
    今回は先ほどご覧いただいた写真とibis Paint Xを使うことを想定してご説明いたします。

    まずどちらか一方のアプリを立ち上げます。
    そして画面の下の方からスワイプすると以下のようにいくつかのアプリが表示されます。

    こちらはまずibis Paint Xを立ち上げて、スワイプで色々なアプリを表示しています。

    ipad マルチタスク機能

     

    ここでもう一つ表示したいアプリを画面上に持っていきます。

    ここでは写真アプリ(一番右のアイコン)を画面上へもっていきます。

    ipad マルチタスク機能

     

    するとこのように開いているアプリの上に表示されます。

    ipad マルチタスク機能

     

    画面横までアプリを持っていくとこんな感じで画面上にきれいに分割されて表示されます。

    ※ここでは左右入れ替えて、途中まで絵を描いているところです。

    ipad マルチタスク機能


    上の画像の赤枠でくくったところですが、左右に動かすことで画面の分割比率もある程度変更できます。

    下の図は写真アプリを小さくしてibis Paint X側を大きくしたところです。

    ipad マルチタスク機能

     

    この機能があると、
    「写真側を大きく見たい」「もう少し大きくして絵を描きたい」「参考書のどちらか一歩意を大きく見たい」などの時にホントに便利です。

     

    他にもドラッグ&ドロップでアプリ間の情報を受け渡したりなど、ここでは紹介していない機能もたくさんあるようです。


    重ね重ねになりますが、アプリを切り替えずにこういったことができるというのが、想像以上に快適です。

     

    (2018/8/23 更新)

    ちなみにサンプルでご紹介した裏通りの画像をなぞっている動画を先日YouTubeにアップしました。

    どうってことない動画ですが、まっすぐ線ひく練習とかにはとてもいいです。

    (この記事で描いた画像です)

     

     

    最後になりますが、先日動画のキャプチャーを撮ってライオンズの森友哉選手を描いてみました。

    こちらが画面分割しながら書いている途中の写真です。

    ipad マルチタスク機能 森友哉

     

    やっぱり人を描くって難しいけどとても勉強になります。
    特に中心の位置や重心を考えて描かないととてもバランスの悪い絵になりますからね。

    この絵を描いたということは、もちろんライオンズの大ファインです。

    今シーズンは好調ですね!!

    トップにある画像が完成図ですが、やっぱり難しいです・・・。


    と、最後に関係ない話になりましたが、これからもライオンズの選手いろいろ描きたいと思います。

    絵の勉強と、ライオンズ日本一の期待を込めて!

    では、最後までご覧いただきありがとうございました。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM