<< 【Photoshop Elements】グラデーションを使って迫力のある背景を作る | main | 都会で予期せぬ癒しに出会う >>
2018.09.09 Sunday

ibisPaintXで簡単に一点透視図法を使う方法

0

    ibisPaintX 一点透視図法 建物

    一点透視図法を意識して写真を撮る」の回で一点透視図法についてご紹介しましたが、今回はibisPaintXを使って一点透視図法での絵の描き方をご紹介したいと思います。

     

    まずはアイレベルを引きます。

    アイレベルというのは視点の高さになります。

    景色を見ている時のカメラの位置のようなイメージです。

    上から眺めるような絵を描きたい場合はアイレベルを上の方にします。

    逆に下から見上げるような絵を描く場合は
    アイレベルを下の方にします。

    今回はわかりやすくアイレベルを地平線と同じくらいにします。

     

    アイレベルを引くために「定規」を使用します。

    ibisPaintX 一点透視図法 定規


    この「定規」は線をまっすぐに引くことができるとても便利な機能ですが、説明よりも使ってみた方がはやいですね。
    画面右上の「定規」から「直線定規」を選択します。

    ibisPaintX 一点透視図法 定規

     

    ibisPaintX 一点透視図法 定規


    すると定規のようなものが赤で表示されます。

    ibisPaintX 一点透視図法 iPadPro


    この定規の向きが線をまっすぐに引くことができる向きになります。
    向きを変える場合は上下についている〇の部分を好きな方向に向けるとそちら側に向きます。

    上の画像の場合、真横にまっすぐの線を引くことができます。

    この定規自体を動かしたい時は、真ん中の+の〇の部分を押しながら移動させます。


    この定規を使ってアイレベルを描くので、上の画像のように定規を真横に向けます。
    そしてアイレベルを描きたい場所で線を引けば、このように真横に一本線を引くことができます。

     

    ibisPaintX 一点透視図法 消失点

     

    赤い線のちょっと上の方に引いてみました。

    見づらいので直線定規を消してみるとこんな感じです。

    ibisPaintX 一点透視図法 消失点


    定規自体はどこにあっても自由な場所に線を引くことができます。


    次に消失点となる一点を決めます。

    消失点については以前「一点透視図法を意識して写真を撮る」でご紹介しましたので、そちらをご覧下さい。

     

    今回消失点はアイレベルの真ん中あたりで。
    ここを起点として放射線状に向かっていくように絵を描くのが一点透視図法なので、今度は放射線状に線を引いていきます。

    さきほどの「定規」から「集中線定規追加」を選択すると、このような太陽のようなマークが表示されます。

    ibisPaintX 一点透視図法 定規

     

    ibisPaintX 一点透視図法 アイレベル


    これは真ん中にある〇を基準として放射線状に線を引くことができる機能です。

    下の画像は適当に線を引いてみたところです。

    ibisPaintX 一点透視図法 消失点

     

    こちらも見づらいので一旦集中線定規を消してみます。

    するとこんな感じになっています。

    ibisPaintX 一点透視図法 消失点

     

    このように消失点を基準としてまっすぐな線を引くことができます。

     

    この〇の部分を先ほど消失点として決めた位置に合わせます。

    ここからまずこのようにランダムに2本の線を引いてみます。

    この2本の線が、今から描く建物の高さになるとイメージしてください。

    ibisPaintX 一点透視図法 定規

     

    線が引けたら線のどこでもいいので、線に合わせて四角を描きます。

     

    簡単に四角を描くには「描画ツール」を「四角」にします。

    ibisPaintX 一点透視図法 描画ツール

     

    先ほど引いた線に四角の角を合わせて、下の画像のような四角を描いてみます。

    ibisPaintX 一点透視図法 定規

     

    ここから建物の奥行の長さにしたいところで縦に線を引きます。

    (縦線を引くために再び直線定規を使っています)

    ibisPaintX 一点透視図法 定規

     

    そして余計な線を引くと、立体感をもった四角の完成です!

    ibisPaintX 一点透視図法 建物

     

    一つ一つの説明が長くなったのでめんどくさく感じるかもしれませんが、慣れてくるととても簡単に描くことができます。

    一つ描いただけだと殺風景なのでもう一つ同じ要領で描いてみます。

    ibisPaintX 一点透視図法 建物


    するとより一点透視図法を感じられた?のではないでしょうか。

    これを応用してもう少したくさん描いてみるとこんな感じになります。

    ibisPaintX 一点透視図法 建物

     

    ここまで行くと1点に向かって立体的に描かれているということが感じられるのではないでしょうか。

    最後に、トップに載せました画像の、一点透視図法を使って描いたとても簡単な動画をご紹介します。


    ちょっと影つけたり所々フリーハンドで描いたり。

    まだまだヘタクソですが、ibisPaintXの使い方、一点透視図法とはなんなのかが少しでも伝わったらと思います。

     

    (2018/9/9 追記)

    もう一つ動画を追加。

    説明用に使った画像のメイクです。

     

    では、最後までご覧いただきありがとうございました。

     

    JUGEMテーマ:イラスト

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM